独立行政法人国立病院機構 広島西医療センター

病院のご紹介

ご来院の皆さまへ

医療関係者の皆さまへ

採用・募集情報

診療・予約に関するお問合せ

病院のご紹介

内科

スタッフ(血液内科)

診療部長

下村 壮司

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本血液学会認定血液専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本血液学会血液指導医
  • JECCプロバイダー
  • 緩和ケア医
  • 臨床研修指導医

医師

宗正 昌三

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本血液学会認定血液専門医
  • 感染制御医
  • 緩和ケア医

医師

八尾 尚幸

医師

角野 萌

  • 日本内科学会 認定内科医

概要

血液疾患(白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫などの造血器悪性腫瘍、その他、貧血・出血性疾患など各種血液障害)を主として診療しています。不明熱(原因不明の発熱)や老年期嚥下性肺炎など一般の内科診療についても各専門科と協力しながら対応します。血液病の入院患者数は30-40人です。血液内科医が複数勤務する医療機関は近隣になく、当地域において高い専門性をもって血液疾患を診療できる唯一の医療機関です。特に造血器悪性腫瘍については豊富な診療経験を誇ります。

血液病の診断に欠かせない細胞表面抗原検査や遺伝子検査などの特殊検査も院内で行うことが可能であり、緊急性のある疾患を迅速に診断して治療に結びつけています。また、広島県内で無菌室を有する数少ない病院のひとつであり、白血病・悪性リンパ腫に対する通常量化学療法は勿論のこと末梢血幹細胞移植などの大量化学療法をより安全に行うことが可能です。

造血器腫瘍については、原則として国際的な診療指針に従い、論文化された臨床研究で治療効果が証明された標準治療を行っています。しかし、そのほとんどは長期の入院を要するため、特に高齢の方に対しては、可能な限り在宅で過ごすことのできる副作用の少ない治療方法を併せて提示し、患者さんやご家族の人生観・価値観に応じた対応を行います。希望があれば、国立病院機構政策医療ネットワークや日本白血病グループ(JALSG)の最新臨床治験への参加も可能です。さらに国立がんセンターや虎ノ門病院など専門病院へのセカンドオピニオンの要望があれば積極的に情報提供しています。

膠原病診療科ではありませんが、共通する処置が多いことから関節リウマチに対する最新治療である生物化学製剤治療(レミケード療法など)も、近隣の専門医の指導のもと行っています。

診療実績

新規発症入院患者数

 

急性白血病

悪性リンパ腫

骨髄異形成症候群

骨髄増殖性疾患
(CMLなど)

多発性骨髄腫

赤血球・血小板・
血液凝固疾患

平成23年

12

28

9

4

5

7

平成24年

13

29

7

1

9

9

平成25年

17

41

14

0

8

7

平成26年

9

38

12

0

11

6

造血幹細胞移植(平成13年~27年 計68件)

 

自己末梢血幹細胞移植

血縁末梢血幹細胞移植

血縁骨髄幹細胞移植

自家骨髄

平成16年1月~平成22年12月

21

2

0

0

平成23年~平成27年

22

3

1

1

平成24年度血液形態カンファレンス(血液内科、初期研修医、血液検査室、病理などのスタッフが参加)

 

スタッフ(呼吸器科)

医師

坂本 直子

  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会認定専門医
  • 感染制御医
  • 広島県広域感染症診査協議会結核部会委員
  • 身体障害指定医(呼吸機能障害)

スタッフ(総合診療科)

医師

生田 卓也

  • 日本内科学会認定内科医
  • 病院総合診療医学会認定医
  • 臨床研修指導医

医師

伊藤 やよいこ

医師

亀谷 貴浩

総合診療科について

地域医療機関では総合診療科への期待が高まっています。高齢社会を迎え、日常遭遇する疾患や障害に対して、継続医療を全人的に提供する役割などを担う、総合診療科の果たす役割はますます重要になると言われています。大学病院をはじめとして大病院では、高度に専門科した医療に対応するため臓器別専門科が設置されています。専門科へ受診する際には、かかりつけ医からの紹介状が必要であることが多く、既に病気の診断がついており専門的治療が必要な場合が多いと思います。しかしながら、全くの初診であり体調不良であるが、何処の科に受診したらよいかわからない方も多くおられるかと思います。そのような方が病院を受診される場合には、総合診療科を受診して頂ければ、問診、身体診察、検査などを経た後に、院内の専門科へ紹介することが可能となります。また専門治療が現時点で必要でないと判断された場合は、初期診療として当科での加療を受けて頂くことも可能ですし、地元の開業医の先生方へ逆紹介させて頂くことも可能となります。また、いくつかの医療機関を受診したが病気の診断がつかなくて困っているといった場合などにも可能な限り対応しております。

訪問診療について

当科では、全人的医療を行うための一環として、当科の退院患者さんを対象に訪問診療を行っています。訪問診療をすることで、退院後の医療から介護や在宅への移行がスムーズになり、文字通り広範囲かつ幅広い診療ができると確信しております。

訪問診療

雨の中の訪問診療。初期研修医の先生と。

訪問診療心臓超音波検査

患者さんの自宅での心臓超音波検査です。
携帯式超小型超音波装置を使うことで、研修医の先生でも簡単に心臓の検査を行うことが出来ます。

診療実績

平成27年度集計

 

人数

外来(1日平均)

17.3名

入院

332名

訪問診療

6名

独立行政法人国立病院機構 広島西医療センター
〒739-0696 広島県大竹市玖波4丁目1番1号 TEL:0827-57-7151 FAX:0827-57-3681

リンク個人情報保護方針サイトマップお問合せ情報公開

(C) 2013 Hiroshima Nishi Medical Center Allright reserved.